薬物乱用頭痛~薬の飲み過ぎに注意しよう~

薬物乱用頭痛とは

薬物乱用頭痛とは、その名のとおり薬の乱用により起こる頭痛のことを指します。

頭痛のある人が薬(鎮痛薬やトリプタン製剤)を過剰使用した結果、鎮痛薬が効かない慢性的な頭痛へと移行してしまう二次性頭痛です。

男性よりも女性に多く、片頭痛と緊張型頭痛の人、特に片頭痛の人が合併しやすいと言われています。

薬物乱用頭痛は再発率が高い難治性の頭痛とされ、うつ病との関連も指摘されています。

 

 

薬物乱用頭痛のチェックポイント

頭痛薬を頻繁に使用している人は以下の項目に当てはまらないかチェックしてみましょう。

当てはまる人は薬物乱用頭痛の可能性があります。

 

☑頭痛がひと月に15日以上ある

☑頭痛薬をひと月に10日以上飲んでいる

☑薬を飲む量が増えてきている

☑段々薬が効かなくなってきた

☑薬を飲んでいるのに頭痛が悪化している

 

薬物乱用頭痛が疑われる方は自己判断で減薬などせず、専門医に診てもらうようにしてください。

 

 

薬物乱用頭痛の対策

市販の複合鎮痛薬は薬物乱用頭痛の原因となりやすいため、市販薬を購入する際は薬剤師に相談できるお店にしましょう。

薬物乱用頭痛は再発率の高い頭痛なので、不用意な服薬を避けて予防に努めることが最善の対策になります。

頭痛持ちの方、特にリスクの高い片頭痛と緊張型頭痛の方はこの機会にご自身の服薬状況を見直し、日頃から薬に頼らない頭痛対策を心掛けるようにしてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟友達追加で頭痛対策にもなるセルフケア資料をゲット!

友だち追加

 

堺市で頭痛治療に強い鍼灸院はこちら☟

結果にこだわる本格的鍼治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です