堺市中区の慢性痛に特化した鍼灸院 タニダ鍼灸治療院

 

 

 

“常識”を疑うことが改善への第一歩

 

あなたはこのような思い込みをしていませんか?

 痛いのは骨が変形しているからだ

 神経が圧迫されて痛みやシビレが出ている

 軟骨がすり減っているせいで痛い

 骨盤の歪みを取らないと治らない

 もう齢だから痛いのは仕方がない

もしかすると、これらの「常識」があなたの痛みを長引かせているのかもしれません。

 

ツラい痛みを何とかしたいけど、何をやっても思うように改善しない・・・

 

そんな状況でお困りなら、一度その「常識」を疑い、客観的な視点でこのページを読んでみてください。

あなたの悩みを解決するヒントが見つかるかもしれません。

 

 

 

痛みの原因はどこにあるのか?

 

1.骨の変形や神経の圧迫は痛みの原因か?

 

この写真は腰のMRI画像です。

写真の左側に並ぶ黒っぽい四角は腰椎と呼ばれる腰の骨で、腰椎と腰椎の間には平たい椎間板と呼ばれるものが挟まっています。

上から3つ目の椎間板の一部が写真中央の白い部分(神経の通り道)に飛び出しているのが分かりますが、このように椎間板の一部が飛び出しているものを椎間板ヘルニアといいます。

 

「うわぁ、痛そう・・・」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、このようなヘルニアは健常者(症状のない人)でもかなりの確率で見つかることをご存知でしょうか?

 

痛み、シビレのあるなしにかかわらず一定の割合で見つかるということは、ヘルニアと痛みやシビレの間に因果関係は成立しないということを意味します。にも拘わらず、検査でヘルニアが見つかるとそれが犯人扱いされてしまいます。これは立派な冤罪です。

 

痛みやシビレがあって検査をしたら、(たまたま)ヘルニアが見つかった。

 

その画像を見ながら

「このヘルニアが神経を圧迫しています。このせいで〇〇さんは脚まで痛みやシビレが出るんです。」

このような説明をされたらどうでしょうか?

「あぁ、これは痛くて当然だ・・・」と納得してしまうのではないでしょうか。

 

ヘルニアに限らず、関節の変形、背骨や骨盤の歪みといった目に見える変化を原因として突き付けられると、それが疑う余地のない事実だと信じてしまうのは仕方のないことかもしれません。

しかし、如何に説得力があろうとも、因果関係があるかどうかは別問題として考える必要があります。

 明らかな変形があるにもかかわらず痛みを感じていない人は沢山います

 ヘルニアがあるのに無症状の人は大勢います

 背骨や骨盤が歪んでいるのに痛みがない人はいくらでもいます

こうした事実を踏まえると、骨が変形したり神経が圧迫を受けることで痛みやシビレが引き起こされるという説は非常に疑わしくなります。

 

2.痛みの本当の原因

前述したとおり、ヘルニアと痛みの間に因果関係はありません。

そもそも神経が圧迫された状態が続くと痛みではなく麻痺が生じます。痛みも感じないし動かすこともできないといった状態になるはずなのに、長期間続く痛みを神経の圧迫のせいにするのはおかしな話です。

 

骨が変形したり軟骨がすり減ったりするのは、程度の差はあるものの誰にでも起こる老化現象の一種です。加齢に伴って徐々に進行するものであり、元の状態に戻るものではありません。
これらの変化が症状を引き起こすのなら、全ての人が治ることのない進行性の痛みに悩まされることになります。しかし実際にはそのようなことはありません。

 

また、骨盤や背骨の歪みが痛みの原因と言われることもありますが、多少の歪みは誰にだってあります。利き手・利き脚があって左右非対称の使い方をする以上、背骨や骨盤の多少の歪みはむしろ自然なことではないでしょうか。

そもそも顔だってよく見ると左右対称ではありませんよね?内臓も然りです。にもかかわらずそれで痛みを訴える人などいません。これをどう説明するのでしょうか?骨だけは左右差があると痛む特別な存在だとでも言うのでしょうか?

 

このように冷静に考えてみると、これらの見かけ上の異常は痛みの原因ではなさそうです。

それでは何が原因なのか?

その答えのひとつがトリガーポイントです。

 

 

 

トリガーポイントとは?

 

トリガーポイント(=引き金点、実際にはポイントではなくエリアで存在)とは、大雑把に言うと『主に筋肉(筋膜)に形成された過敏化領域』です。

 

トリガーポイントを刺激すると「ズーン」と響くような痛み・鈍痛が生じ、その痛みは周囲に広がるように感じられたり、遠く離れたところへと放散します。図(『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用)の✖印がトリガーポイント、赤い箇所はトリガーポイントの刺激による痛み(関連痛)を示しています

 

私たちにとって身近な痛みである腰痛、肩こり、坐骨神経痛、頭痛、関節痛なども、その多くはトリガーポイントに由来しているものと考えられます。つまり、身体を動かす際の筋肉の伸び縮みなど、何らかの刺激が過敏部位であるトリガーポイントに加わり、その結果生じる関連痛が痛みやこりとして自覚されるというわけです。

 

 

 

錯覚を前提とした施術

 

関連痛とは、痛みが起こっている場所(発生源)と痛みを感じている場所のズレ、即ち痛みの位置錯覚と換言することができます。そして、この錯覚はトリガーポイント特有の現象ではなく、様々な痛みにおいて観察される現象です。

 

例えば、、、

  • 上の奥歯が痛いと思って歯医者に行ったら、虫歯になっていたのは隣の歯や下の奥歯だった(歯痛錯誤)
  • 狭心症や心筋梗塞の痛みが背中や肩、腕の痛みとして現れる

 

といった具合に、目に見えないところから生じる感覚(痛み以外の感覚も)というのは、容易にその発生源の錯覚が起こります

 

私たちが感じる痛みの多くは、その発生源を視覚的に捉えることができないため、この錯覚を考慮していない「痛い所が悪い所」という考えに基づいた治療では思うような改善は見込めません。

 

トリガーポイント療法はこうした錯覚を前提に、あなた自身が気付いていない痛みの発生源を探し当て、そこに適切な刺激を加えることで正常化(過敏性の解除)を図る施術です。

 

もちろん全ての痛みが改善できるというような都合のいいものではありません。しかし、痛みの元であるトリガーポイントへの的確なアプローチによって難治性の痛みが一気に改善へ転じるなど、しばしば劇的な変化が得られることも事実です。

 

  • 関節痛、神経痛、変形による痛みなど、治療を続けているけど良くならない
  • 手術をせずに何とかしたい、又は手術をしたのに改善が見られない
  • どこに行っても良くならない

 

そんな辛い慢性痛でお困りの方は、諦める前に是非一度トリガーポイント鍼療法をお試しください。

 

 

 

クライアント様の体験談

 

首~背中と腕にかけての痛み手のシビレが続き睡眠不足に。

検査の度に違う診断で、お手上げ状態でした。

 

50代女性 山本様

Q.来院前はどのようなことでお悩みでしたか?

A.首から背中、腕にかけての痛みと手のシビレです。最初は軽い症状でしたが、徐々に悪化して熟睡もできなくなり、毎日辛かったです。

日によっては頭痛やめまいなど他の症状が現れることもあって、とにかく不安でした。

 

Q.病院では何と言われましたか?

A.最初の病院では頚椎ヘルニアと診断されました。リハビリにも通いましたが、パッとしないので違う整形外科に行くと、ヘルニアではなく頚椎症と言われました。他の症状が気になりだして別の病院で診てもらうと今度は自律神経失調症ではないかと。

自分でも何が正解かわからず、お手上げ状態でした。

 

Q.当院の施術を受けてからどのような変化がありましたか?

A.痛みもシビレもほぼ消えています。長時間同じ姿勢でいると痛みを感じることはありますが、姿勢を意識したり体操をしたりして十分コントロールできる範囲になりました。

熟睡できるようになって身体も楽になっていますし、他の症状もほとんど出なくなっています。

 

Q.他院との違いはありますか?

A.マンツーマンでしっかりやってもらえて、良くなっていく実感があります。

病院では沢山の患者さんが順番待ちをしていて、ゆっくり話を聴いてもらえる雰囲気ではありませんが、こちらでは自分の時間が確保されているので他の人に気を遣うことなく質問したり話を聴いてもらうことができます。

 

Q. 当院はどんな人にオススメですか?

A.病院でちゃんと治療をしているのに良くならない人に受けてみて欲しいと思います。

 

※個人の感想であり、成果・成功を保証するものではありません。

 

 

坐骨神経痛でまともに歩けなかった方です。注射も効かず不安でしたが趣味のゴルフができるまでに回復されました。

 

40代男性 上田様

Q.来院前はどのようなことでお悩みでしたか?

A.右のお尻から足の甲まで強く痛んでまともに歩けなくなり、趣味のゴルフもできず心身ともにキツい状態でした。整形外科で注射を打ってもらっても良くならないし、このままの状態が続けば仕事を辞めなければいけないのかと不安になることもありました。

 

Q.当院で施術を受けてからどのような変化がありましたか?

A.3,4回目くらいから調子の良い日がグッと増えて確実に回復していくのを実感し、気持ちも前向きになりました。今では長距離歩いても平気だし、仕事も問題ありません。

それから元々あった腰痛の方も不思議と気にならなくなっています。

ゴルフも以前と同様にできるようになり、休日が楽しみになりました。

 

Q.病院や整骨院などと当院との違いを教えていただけますか?

A.治療はもちろんですが、カウンセリングをとても丁寧にしてくれたこと。

不安なことや疑問に思うことなどをしっかり聴いてくれて、普段は意識しない自分の内面にも目を向けることができ、新たな気付きがありました。

どうすれば良くなっていくか、納得できる説明をしてもらえたことで希望を持って治療を続けることができました。

 

Q.同じように悩んでいる方にメッセージをお願いします

A.今がどれだけ辛くても、先生を信じて前向きに頑張ってほしいと思います。

先生に依存するのではなく、一緒に治していくという気持ちで自分も努力していけばきっと良くなるはずです。

 

※個人の感想であり、成果・成功を保証するものではありません。

 

 

1年以上前から続くめまい常にフワフワした感覚があり、色々試してみても改善せず毎日不安を感じていた方です。

 

20代男性 佐藤様

Q.来院前はどのようなことでお悩みでしたか?

A.1年以上前からめまいが酷く、常に風船の上を歩いているようなフワフワした感覚があり、精神的にも不安な毎日を過ごしてました。

総合病院で精密検査を受けたり鍼灸接骨院に通うなど色々試しましたが、何も効果がありませんでした。

 

Q.当院で施術を受けてからどのような変化がありましたか?

A.1回目でかなりめまいがなくなりました。個人差はあると思いますが、僕の場合はもう完全に改善したんじゃないかなというくらいの変化で、かなり効果がありました。

先日は友達とボウリングに行って徹夜で12ゲームできました。(それまではあまり外に出たり遊びに行ったりできなかった)

 

Q.病院や整骨院などとの違いを教えていただけますか?

A.もちろん施術も違いますが、根本的な違いは先生の情熱ですね。一つひとつ、カウンセリングからゆっくり丁寧に話を聴いてくれる。そして熱意のこもった施術、アドバイス。

自分自身が意欲的に病と向き合える。マイペースで施術に専念できます。

 

Q.同じように悩んでいる方にメッセージをお願いします

A.本気で症状を改善したいと心から思われている方は、まず決して諦めないこと。そして病と向き合って定期的に施術を受ける努力をすること。改善するもしないもあなた次第です!

 

※個人の感想であり、成果・成功を保証するものではありません。

 

 

首の痛みで起き上がるのも辛かった女性です。ヘルニアの再発を疑い来院されました。

 

40代女性 末久様

Q.来院前はどのような症状でお悩みでしたか?

A.首の椎間板ヘルニアの症状が再発したと思っており、首が痛く悩んでいました。朝、目が覚めると首が痛く、起き上がるのも辛かった。

 

Q.来院前と比べて現在はどうですか?

A.首の痛みは取れました。朝、目が覚めても首は痛くありません。

 

Q.他院との違いはどんなところですか?

A.筋肉の奥まで治療してくださるので、凝りがひどい場所や他院ではわからないところも見つけることができると思います。普段の姿勢やちょっとしたストレッチも大切なことを教えて頂けました。

 

Q.あなたと同じ悩みを持つ方にメッセージをお願いします

A.単に電気を当て、マッサージをするような治療ではいつまでも改善されない。首や背中の凝りをちゃんと取った方が改善されるのも早いと思います。先生も優しいですよ!

 

※個人の感想であり、成果・成功を保証するものではありません。

 

その他のクライアント様の体験談はこちらから

 

☟当院の口コミ掲載サイト☟

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

 

 

 

ご挨拶

 

 院長 谷田陽平

 ・鍼灸師

 ・トリガーポイント研究会技術指導講師

 ・関西医療学園専門学校非常勤講師

 ・大阪医専非常勤講師 

 

 

~ ~ ご挨拶 ~ ~

 

初めまして。タニダ鍼灸治療院 院長の谷田陽平と申します。

 

あなたは今、どのような症状でお困りですか?

そして、それを解決するために何をしてきましたか?

 

色々な治療・施術を受けても思うように良くならずにお困りなら、当院の「トリガーポイント鍼療法」を是非お試しください。

トリガーポイント鍼療法はツボや経絡という東洋医学的な概念に縛られない、科学的理論に基づいた施術です。かといって現代医学的疼痛治療とも異なります。

私の知る限り、トリガーポイント療法は運動器(身体運動に関わる筋肉、骨、関節、神経などの器官)の痛みに最も効果的な施術です。

どんな症状でも改善に導くことができるとは言いませんが、この施術だからこそ改善できたであろう症例を数多く経験してきましたし、様々な症状の方が私も驚くほど良くなっています。

 

「薬を飲んでも効果が感じられない」

「色々な方法を試してみたけど良くならない」

 

といったお悩みのある方は是非勇気を出してご相談ください。

数万人に及ぶ施術経験と最新のトリガーポイント療法で、あなたが今よりずっと快適に、楽しく過ごせるように精一杯お手伝いさせていただきます。私と一緒に悩みを解決しましょう!

 

国家資格取得後、中国へも留学

 

業界紙『鍼灸柔整新聞』掲載記事

 

 

 

スペシャリストからの推薦

 

谷田先生との出会い

 谷田先生が未だ学生の頃、私に近づいてきてくれました。その頃はトリガーポイント研究を始めて間もない頃です。鍼灸学校の学生さんは科学や科学的鍼治療について教えて貰えず、科学的な観点から説明されるトリガーポインは殆ど理解して貰えませんでした。例えば筋の硬い所は圧すと痛みを生じることが多いのですが、だからと云って筋の硬さが痛みの原因だとは云えません。しかし、「硬いから痛い、柔らかくすれば痛みが取れる」は鍼灸院、接骨院では通説であり、トリガーポイント治療を謳う治療院でも、科学的には誤ったこの視点で治療が行われています。相関関係と因果関係は違うと云う話しなのですが、この違いを説明して判って貰える学生の一人が谷田先生でした。

 

共にトリガーポイントを発展させてきた2010年代

   谷田先生は筋の通った思考の持ち主で、手先も器用、トリガーポイント研究会、大学でのトリガーポイント臨床では腕の立つスタッフとして活躍してくれました。

 研究会を手伝って貰ったこの10年間で、谷田先生が怒ったり怒鳴ったりした場面は見たことがありません。いつも穏やかに学生、研修生、患者に接しておられました。

 将来は研究会の主任スタッフに、と期待するホープです。

 

私から見た谷田先生

 谷田先生は冷静さとセンスに加え、長期に渡る学習、臨床経験の蓄積と科学的に正しい視点を武器に、他で治らなかった痛みでも治す、運動器の痛み専門の鍼師です。谷田先生なら親身になって治療し、「運動は薬」とも言われる運動を介した健康への道へも案内してくれると思います。タニダ鍼灸治療院を受診すれば、商売顔とは無縁の優しい笑顔が迎えてくれるはずです。    

 関西医療大学保健医療学部 黒岩共一

 

 

 

 

谷田陽平君は私がスポーツの学校で顧問をしているときの教え子でした。当時の彼は、授業に真面目に取り組み将来の夢もしっかりと持っている学生でした。卒業後は医療の専門の勉強をするために鍼灸の資格を取得し、沢山の人が施術に訪れる多忙な鍼灸接骨院で色々な技術を習得した努力家です。

そんな彼がクリニックで更なる経験を積み、この度、これまでの集大成として鍼灸治療院を開設されました。

是非、ご自身のからだに問題がある方は谷田君にご相談されてはどうでしょうか。豊富な経験を持つ彼が、あなたの悩みを解決する力になってくれることでしょう。推薦させて頂きます。

 

 

 

 

谷田先生とは、10年以上前から同じ師の元で共に学んできた間柄です。

物腰は穏やかな方ですが、治療に対する情熱は人一倍おありです。 

専門学校で教鞭をとられている現在でも、勉強会には積極的に参加し、日夜研鑽を積んでおられます。

治療を受けてみると努力の成果が実感でき、私自身に症状が出てきた時には安心して治療をお願いしています。

谷田先生は知識、技量、人柄ともに私が推薦できる治療家の一人です。

 

 

 

施術の流れ

 

症状の原因を探し出すカウンセリング

当院では、カウンセリングは施術の結果に大きな影響を与える重要事項と位置付けています。

丁寧にカウンセリングを行うことで症状の原因がどこにあるのかはもちろん、あなたがどんな悩みを抱えているのか、どうなりたいのかといったことまで明確化していきます。

カウンセリングを通じて漠然としていた悩みや不安を明確化することができれば、施術により得られる結果はより良いものになるでしょう。

必要に応じて姿勢や動き、筋肉の状態などの確認も行います。

 

今のあなたの状態と施術についての説明

・どんな姿勢や動きで痛みが出るのか、あるいは楽になるのか

・筋肉の緊張度合や萎縮の程度

・関節の可動域

これらの情報から原因を推測し、何故そのような状態になっているのかをお伝えします。

併せて、これから行う施術に関しても最低限の理解を得られるように解りやすくご説明いたします。

 

痛みやこりの元に直接アプローチ

実際に施術をしながら、あなたと一緒に原因箇所を探していきます。

流れ作業のようなマッサージやボキボキする矯正ではなく、深部の筋肉に潜むこりや痛みの元を直接刺激する施術です。

筋肉が芯からほぐれると関節の可動範囲が広がったり、日常生活動作や不良姿勢が改善されるなど様々な変化が生じます。

筋肉の状態を整えることは不快な症状を改善するだけでなく、健康の維持・増進にも非常に有用な手段なのです。

 

施術効果を最大限に持続させるセルフケア

こりや痛みを考えるとき、身体の使い方は見逃せない問題です。

不良姿勢や偏った使い方(同じ動作の繰り返し、同一姿勢の維持など)による負荷が積み重なると、やがてそれはこりや痛みといった自覚症状となって現れることになります。

施術によってあなたの身体が改善へ向かおうとしても、そうした問題点を放置したままでは改善の足を引っ張ることにもなりかねません。

個別のセルフケアを実践し、日常生活における問題点の修正を図ることで施術効果を最大限に持続させ、改善にかかる時間を短縮することができます。

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

 

電話によるご予約・お問い合わせ

☏072-269-4901(9時~20時受付)

施術中等でやむを得ず電話に出られない場合がございますが、後ほど折り返しご連絡致しますので、留守番電話にお名前と連絡の取れる電話番号を残してください。

※休業日の場合は翌営業日のご連絡となる場合があります。

※電話番号をお間違えにならないようご注意ください。

 

 

LINE@によるご予約・お問い合わせ

LINE@で24時間365日ご予約・お問い合わせが可能です。

休業日でも可能な限りお返事いたしますので、早く確実な返信をご希望の方はLINE@をご利用ください。

LINE@特典あり。

LINE@友達追加はこちらから

 

 

メールによるご予約・お問い合わせ

メールによるご予約・お問い合わせは24時間365日受け付けております。

以下の点をご確認のうえご連絡ください。

 

迷惑メール対策等でドメイン指定受信を設定されている場合、メールが正しく届かないことがございます。
【s-tplab@road.ocn.ne.jp】からのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
24時間以内にこちらから返信が無い場合、お問い合わせメールがエラーで届いていない可能性があります。
その際は直接お電話をいただくか、LINE@をご利用ください。

✉ ご予約・お問い合わせ ✉

 

 

ネット予約

ネット予約の際は、表示される「鍼灸院からのお知らせ」を必ずご確認ください。

 

 

 

Copyright (C) 2017 タニダ鍼灸治療院 All Rights Reserved.